都内、23区内、目黒区の鍼灸・整体院 東横線都立大学駅すぐ 自由が丘駅から1駅、女性特有の目の下のクマの改善に。

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

目の下のクマ

目黒区都立大学駅の鍼灸・整体院で目の下のクマを改善しましょう!

目の下のクマ

原因と症状

クマは目の下にできるクマは、シミやソバカスと並んで、女性にとってはお肌の大敵、とっても気になるものの1つです。 毎回ファンデーションの厚塗りでごまかそうとするのも大変で、何としても取りたいもの。
そんなクマは血行不良が原因で起こります。

多数の毛細血管が集まっている目の周りで血行不良が起こると、黒ずんだ血液がまぶたの薄い皮膚を通して青っぽく透けて見えることがあるのですが、これがクマです。 目の下のクマは、疲れや寝不足によって20代や30代でもでできることがあります。

疲れや寝不足などの生活習慣の乱れのほか、冷えやホルモンバランスの乱れによっても起こります。色白や皮膚が薄いなど、遺伝的な要因によって子どもの頃からくまを生じやすい人もいます。

また、鉄分が不足することによってヘログロビンの量が減り、赤黒い色をした血液が停滞して起こる鉄欠乏性貧血によっても起こります。

クマは血行不良が原因ですが、実は何かの病気のサインで血行不良が起きている場合もあります。 解毒を行い、老廃物を排除して血液をキレイにする肝臓や腎臓の機能が低下することで血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下にクマができやすくなることもあります。

黒いクマは、バセドウ病(甲状腺機能亢進症)でできる場合もあります。目の周りにある脂肪(眼窩脂肪)や筋肉(眼輪筋)が炎症を起こして腫れ、眼球の圧力(眼窩圧力)が高まり、眼球が突出するのは、パセドウ病の症状の1つです。 このとき、眼球や眼球の下にある眼窩脂肪もせり出してきてたるみができ、「黒いクマ」ができる場合があります。

一般的な施術

クマをなくすには、自分でおこなう場合も、血行を促進させて皮膚にハリをもたせるマッサージやツボ押しが効果的とされています。

東洋医学では、目の下のクマは、「腎経」と関係が深いものとして、腎経において足裏にある湧泉(ゆうせん)・くるぶしにある太谿(たいけい)・膝にある陰谷(いんこく)などのツボを刺激していきます。

また、目の周りに集まっている多数の毛細血管の血行不良として、顔鍼で眼の周囲の血流やリンパの流れを改善しています。

さらに、消化器のある腰や腎臓部分を温め、血の循環が悪くなっている「瘀血(おけつ)」状態を、全身からなくしていきます。

東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。