東洋医学って何?「舌を診れば体調がわかる!『舌診』について」|目黒区の鍼灸【都立大身体均整院のコラム】

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

18.体調を「舌」でチェック

舌を見てその人の体調を診る方法を「舌診」といい、東洋医学独特の診断法の1つとされています。

舌の情報で、体内の気と血のどちらかが多すぎるか、少なすぎるか、病気がからだの表面にとどまっているか、奥深くまで侵入しているか、病気がどのくらい進行しているかなどを読み取ることができます。

舌それぞれの部位は、特定の臓腑と
強くかかわりあっています。
症状が出ている舌の部位から臓腑の
変調を知ることができます。

:健康な舌は、淡い赤色をしています。 色が薄いときは、疲れがたまっていたり、睡眠不足で気が足りなくなっている状態です。 貧血で血が足りなくなっているときも舌の色が薄くなります。逆に色が濃い場合は、血行が悪くなっていることを示します。

:健康な舌は、薄くも厚くもなく、歯の内側にきれいに収まり、口角に隙間がある大きさです。 形が大きくなるのは、気が不足気味の場合です。 口角からはみ出るほど腫れぼったくなるのは、水分代謝が悪くなっている場合です。 逆に、舌が小さいのは、貧血や体に必要なうるおいが不足している状態です。

:健康な舌は、薄くてうっすらと舌質が見えます。 苔の色が白いと、冷えがたまっている状態です。 黄色い場合は、食べ過ぎ、飲みすぎ、便秘の状態で、体に熱がこもっています。 苔が厚くなるのは、水分代謝が悪い場合で、脂っこいものや甘いものの食べ過ぎの場合が多いです。 苔が少なすぎる場合は、血の不足が進み、ほてりやのぼせが出ている状態です。

舌を見るときのポイント

舌は、朝起きて、顔を洗ったときに鏡に映してチェックするのが良いです。 飲食すると、舌の様子が変わってしまいますので、朝食前にチェックすることが大切です。 毎日見ているうちに、睡眠状態や、その日の体調、食事、生理周期などによって、舌の状態も変化していることに気が付くはずです。

体質舌の様子とイメージ図
血が滞る「瘀(お)血(けつ)」タイプ紫色、赤黒い、くすんだ色、舌にそばかすのような「瘀点」がある。舌の裏側には紫色の静脈が浮き上がる。
気が滞る「気滞(きたい)」タイプ淡い赤色。
血が不足する「血(けっ)虚(きょ)」タイプ赤みがなく薄い色、厚みがない。薄くて平たい。
気が不足する「気(き)虚(きょ)」タイプくすんだ青い色。
寒がりの「寒(かん)邪(じゃ)」タイプ性機能の減退、疲れやすい、心の不安定がでる
暑がりの「熱(ねつ)邪(じゃ)」タイプ紅舌と呼ばれる赤い舌。黄色っぽい苔が厚くなることもある。

東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。