症例のご紹介|歩けないほどの足の痛みがはり・整体で改善!

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

24. 冬に起こりやすいトラブル

1. 乾皮症・皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎の悪化

乾燥した角質が剥がれ落ちて、粉吹き状態になることを乾皮症といいます。乾皮症はかゆみを伴うため、爪などで掻きすぎると湿疹が生じ、その結果、皮脂欠乏性湿疹となります。
また、空気が乾燥しているために、角質がはがれやすく、剥がれ落ちた部分が刺激を受け、アトピー性皮膚炎が悪化することが多いです。

2. 手足のひび割れ

角質層が乾燥して、保湿力が低下し、亀裂が入ることがあります。手の指の先や足のかかと部分が特に外部からの刺激を多く受けるために、ひび割れが多い部位です。

3. しもやけ・あかぎれ

寒さで血流が滞り、うっ血して赤く腫れ痒みを帯びる状態をしもやけといいます。
しもやけの部位に刺激が加わり、皮膚が切れることをあかぎれといいます。

4. フケの増加れ

頭皮から剥がれ落ちたものをフケといいますが、冬場は頭皮も乾燥し、角質が剥がれ落ちる量が1年を通して、増加します。

<自分でできるケア>

1. 保湿剤を塗る

基本的に、保湿剤を塗って肌の乾燥を防ぐことが大切です。
保湿剤を塗るタイミングが重要になってきます。
入浴後や洗顔後に保湿せずに放っておくと、肌の水分量は急激に低下します。従って、入浴後、洗顔後はすぐに保湿剤を塗って水分が失われるのを防ぐことが大切です。

2. 加湿器を使う

加湿器を使って、部屋の湿度を40%以上に保つと、肌の乾燥を防ぐことができます。

3. 身体を洗うとき

皮脂を取りすぎると、乾燥につながるため、ごしごし洗いすぎないことが大切です。頭皮を洗うときは、爪を立てずに指の腹で優しく洗髪することが大切です。 また、顔を洗うときは、ぬるま湯で洗うと、汚れが落ちやすく、皮脂も取りすぎないです。

4. ゴム手袋を使用するとき

水仕事の際に、手荒れを防ぐためにゴム手袋を使用する方も多いですが、ゴム手袋に含まれているラテックスという成分はアレルギーを引き起こす可能性があるので、ラテックスが含まれていない手袋を使用すると良いです。

東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。