膝の痛みに効果的なのはストレッチ?筋トレ?|目黒区の鍼灸【都立大身体均整院】

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

膝の痛みに効果的なのはストレッチ?筋トレ?

当均整院をご利用いただく皆さまの中でも、膝痛に悩まれている方はとても多いです。
テレビや雑誌でも、数多くの特集が組まれていますよね。

最近、「ストレッチ」や「筋トレ」が膝痛にいいときくけど、どうなのかな?
というご質問を受けることも、多くなりました。
今回はこのことについて、詳しく記していきます。

まず、膝痛へのアプロ―チ。
「ストレッチ」「筋トレ」どちらかと言えば、やはり膝周りをしっかり支える筋肉量を増やす筋トレ運動がよりよいでしょう。

では、どんな運動が良いのでしょうか?
次の3つは、とてもおすすめの運動です。

1:

あおむけに寝て両膝を立ててください。
両足を接した状態にし、脚全体を、右と左に倒していきます。
これを右と左、交互におこないます。 続けて、片方の膝を立てて、その足とは逆、のばしている 方の足を床から10cmくらいの高さに上げます。 この動作を自分が「少し辛いな」 と感じるまで動きを止めておきます。そのあと、ゆっくり下ろしましょう。

まず、あおむけに寝ます。
そして両脚をのばします。
その後、膝を床面に近づけるようにまっすぐに伸ばして 力を入れ、この姿勢を五秒ほど続けたら、ゆっくりと緩めます。 この動作を20~30回行うのが、ワンセットです。

膝をまっすぐに伸ばすのが辛い方は無理をせず、膝の下にバスタオルをたたんだものを敷いて、そのタオルを押す気持ちでやってみてください。

この運動も、最初はあおむけになって寝ます。
次に、片方だけ、90度の角度で膝を曲げて、膝を立てた状態にしてください。
この曲げた方の足の裏でしっかりと支えを作りつつ、 伸ばしたままの方の足に力を入れて、床から浮かしていきます。
床から10センチほど浮かせることができたら、そのまま「少し辛いな」と感じるまで、キープします。
その後、ゆっくりと足を下ろして床に伸ばし一休みします。
左右交互に、10回ほど繰り返します。

どの運動も、正しく行えば、膝周りの筋肉増強につながり、結果的に膝の痛みを予防することができるスグレモノです!
ただし、間違ったやり方をしてしまうと、かえって膝痛が悪化することもあるので、以下の事には充分に気を付けて行いましょう。

このような時には無理して運動をせず、まず整形外科など、病院を受診しましょう。
・現在進行形で強い痛みがあるとき
・膝に熱感があったり、腫れているとき
・膝以外でも、体のどこかにしびれを感じたり、違和感がある

また、運動の最中や後、痛みが悪化したり、気分が悪くなった時には速やかに中止し、医師の判断を仰ぎましょう。

東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

お車でお越しの方

立体駐車は、車高制限などに、ご注意ください。