眼精疲労にはあたまほぐし鍼|目黒区・東横線都立大学駅の鍼灸院

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

眼精疲労を引き起こす環境

眼精疲労は病気?!気づかず悪化させないために

皆さんは、「最近、眼精疲労だなぁ…」と感じたことがあるでしょうか。
このホームページをパソコンで見ていただいてるほとんどの方が、
「うんうん、その通り!最近特にそう感じるんだよなぁ…」
と、頷いていらっしゃるかもしれませんね。

けれども、ちょっと待って下さい。
単純に「眼精疲労」…と言っても、 そこにはもしかしたら、ほおっておくと危険な「病気」のサインが隠されているかもしれないのです。
もし、次のような症状を少しでも感じたら、 ぜひこれをきっかけに病院で検査をすることをお勧めいたします。

眼精疲労と間違えやすい病気

・白内障

白内障は、初期症状として目の見えにくさや、ピントが合いにくいなど眼精疲労によく似た症状を表します。
早期発見によって完治しやすい病気ですから、定期的に目の検査をするなどして発見の遅れを防いでいきましょう。

・眼瞼下垂

こちらも視野の上の方が見えにくくなるなど、なかなか自分で気づきにくい病気です。
眼瞼下垂が悪化すると、眼精疲労など他の症状にまで広がってきてしまいます。
早期発見すれば、そうなる前に簡単な手術で治療できる病気です。
少しでも疑いがあれば、是非病院を受診しましょう。

・蓄膿症

目の奥に鈍痛がし、かすみ目などをともなうことがあり、 非常によく眼精疲労に似ています。
長く続く鼻づまりや色の濃い鼻汁など、少しでも疑わしいことがあれば、すぐに耳鼻咽喉科で検査を受けましょう。
このように、目の調子がいつもと違うとき、「眼精疲労」だと自分で決めつけすぎず、もっと広い可能性の中で考えていくことで病気の悪化を防ぎ、よりよい「目」とのつきあいかたができますよね。
是非、参考にしてみて下さいね!

目の使いすぎはどう防ぐ?

さて、それでは上記のような目の病気がないのに、目に辛いかすみ目や、ピントの合いづらさなどの症状が出る…という、 いわゆる「眼精疲労」についてくわしくみていきましょう。
眼精疲労とは、 目の機能を正常に行うための諸機能が、疲労によって正常に働かなくなり、その環境がある程度以上長期間に及んでしまっていること をさしています。
目が健康にものを見るためには、 眼窩の内部にある上眼瞼挙筋や毛様体などたくさんの種類の筋肉や、動眼神経や視神経などの神経など、 様々な組織の機能が関わっています。

これらの筋肉や神経も他の部分と同様、酸素と栄養が正常に供給されていなければなりません。
しかし、過度の疲労や、紫外線やパソコンの光など様々なストレスによって血流が悪化し、酸素や栄養が正常に供給されない上、老廃物が蓄積してしまうと、 目の機能は一時的に落ち、 眼精疲労の辛い症状に悩まされることになってしまうというわけです。
このためには、 体の他の部分と同じように、目にもしっかりと疲労回復の時間を取り、 日頃から眼精疲労に陥らないように、酸素と栄養、そしてストレス解消に気を配ってあげることが眼精疲労予防の何よりの近道となるでしょう。

効果的な対策とは

さて、では、そのように努力をしても結果的に眼精疲労になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?
実は、そんなとき 体全身をほぐす「整体」や、新陳代謝を正常に戻す「針治療」が非常に効果的だと言われています。

特に、当均整院の「頭ほぐし針」は、経験豊富な院長が今までに積み重ねた眼精疲労回復へのノウハウを詰め込んだ、非常に効率の良い方法となっていますので、 眼精疲労に長年お悩みの貴方にこそ!ぜひ、一度お試しいただきたい方法の一つなのです。

眼精疲労に逆効果!やってはいけないNG行動とは

では逆に、眼精疲労の時にやらない方が良いとされていることについてもお話いたしましょう。
まず、
・まぶたの上から押さえて目をこするようにマッサージ
この方法は、目にストレスを与えてしまうばかりか、 まぶたの中に微細なゴミなどがあった場合には眼球を傷つけてしまうかもしれません。

絶対にまぶたの上は触ることのないよう、マッサージの際には眉毛の上などを優しく押さえてあげて下さいね。
・冷たいおしぼりなどで目を冷やす
夏場などはとても気持ちの良いこの方法ですが、逆に目の組織全体の血流を悪化させ、更に涙の量を減らしてしまう危険性があるため、あまりふさわしくありません。
あくまでも血流改善は、穏やかに温めてあげるぬるめの温おしぼりなどで行いましょうね。

あなたの目をいたわるために

いかがだったでしょうか。 ここでは、眼精疲労にまつわるあれこれを、針の施術との関連とともにわかりやすくまとめてみました。 悪化させては大変な眼精疲労。 ぜひ、情報を活用し、あなたの大切な目を日々いたわってあげてくださいね!


東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

お車でお越しの方

立体駐車は、車高制限などに、ご注意ください。