症例のご紹介|腰の疲れからくる腰痛を防ぎたい!効果的な体操テクニック

はり灸・整体 都立大身体均整院 東横線都立大駅 徒歩1分

腰の疲れからくる腰痛を防ぎたい!効果的な体操テクニック

一度、起きてしまえばその辛さから、仕事はおろか日常生活も難しくなってしまうことも珍しくはない「腰痛」。
原因は様々で、決してひとくくりにできないものですが、 どのような原因の腰痛であれ、やはり日々腰の筋肉や関節にたまる「疲労」をしっかりとリセットすることは大切です。

疲労回復の方法にも数々ありますが、ここではご家庭でも安全に、毎日コツコツと続けることで結果が得られる
「体操」
を取り上げてみたいと思います。

なぜ、腰痛予防に体操なの?

皆さまと直接、健康に関するお話をさせて頂く中で、
「私、最近運動不足だからいけないのね~」
「なかなか、体を動かすチャンスが無くて…」
というお言葉を本当によく伺います。
しかし、よくお話をうかがってみると、皆さん家事やお仕事で体は動かされていることがほとんど。 しかし、いけないのはその後なのです。

毎日の家事やお仕事で使う動きは限られていて、たいてい、決まった一部の筋肉から疲労物質が産生され、それを充分に代謝することをしないまま、 就寝の時間までは座ってテレビを見たり、インターネットを観たりなさっている方がほとんど。

「体操」の大切な所はまさにここにありまして、 普段使わない筋肉や間接を気持ちよく運動させることで圧迫したり伸ばしたりし、静脈やリンパを適度に刺激します。
そうすることで、一日の作業で筋肉の中にできてしまった疲労物質を洗い流し、外に排出する手助けをしてくれる。
つまり、「自家製マッサージ」のようなはたらきが期待できるのが、この体操の良いところなのです。

体操と筋肉トレーニングの違い

膝の痛みがある方などで、お医者様から
「適度に筋肉トレーニングをしてください」
という指導をされた方もおられると思います。
ここであげる「体操」は、こうした「筋肉トレーニング」や、「スポーツ」とはまた別物です。

筋肉トレーニングやスポーツの場合、 今まで筋肉が受けていない量の負荷をストレスとして与えることで、筋肉繊維の増強や、素早さ、スタミナなどを鍛えていくことを目的としています。

しかし、疲れを取るための体操の場合、そのような厳しい負荷は全く必要ありません。
あくまでも代謝促進、血の巡りをよくしたり、筋肉の緊張をほぐしてリラックスするためのものですので、 激しい運動やスポーツなどとは異なります。

腰の疲れを取る一日の終わりのほぐし体操!

では、さっそくそんな体操のいくつかをご案内しましょう。

①腹式呼吸でゆったり!ごろ寝リラックス体操
まず、あおむけに寝た状態で両膝を立てます。
次に、お腹をいっぱいに膨らませながら息を吸い込みます。
この時、おへそを天井に向けて突き上げていくイメージをするとやりやすいです。
いっぱいに吸い込んだら、2,3秒キープし、 次はお腹を思い切りへこませながら最後まで息を吐き切ります
。 何度か繰り返し行うとお腹がポカポカするのがわかるはずです。

②胎児のポーズで腰骨伸ばし!
まず、あおむけに寝た状態で、ゆっくりと膝をお腹の方に折り畳み、手が届く位置になったら手を脛に回して抱え込みます。
首がつらいと感じる方は、無理をせず首の後ろにタオルを筒状に丸めたものなどを敷いて行いましょう。

③カンタン!誰でも!前にユックリ無理せず前屈体操
まず、肩幅ほどに足を開きます。
頭が天井から下がっているヒモに吊り下げられて引っ張られているのを想像しながら、背筋を自然に伸ばします。
ユックリ呼吸をして、肩を上げ下げし力を抜きます。
呼吸を止めることなく、静かに両腕をぶらりと前に垂らし、 息を意を絶対につけずにゆったりと前屈していきます。
気持ちのいいところまで曲がったら、同じようにゆっくりした速度で元に戻します。

いかがでしたか?
ここまでお読みになって、「ピン!」とくるものが一つでもあった、貴方。
是非、毎日の生活の中に、無理ない範囲で「体操」を取り入れてみてくださいね!

東横線・アクセス便利な:はり灸整体院:ご案内

電話受付時間

03-3724-4856

受付時間
【火・水・木・金・土】

午前8時~午後6時

ご予約・お問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ
03-3724-4856
受付:火~土 午前8時~午後6時
ネットでのご予約・お問い合わせ
空き状況の確認やご希望のコース日時の
ご予約を24時間オンライン受付中!

東横線都立大学駅からのアクセス

自由が丘や渋谷からもアクセス便利、はり灸整体院の地図・23区内目黒区平町1丁目26-18

東京23区 東横線都立大学(急行は止まりません)

・渋谷→代官山→中目黒→学芸大学→都立大学

・渋谷から5つめ各駅10分

自由が丘から1つめ各駅2分

・横浜から各駅28分。

お車でお越しの方

立体駐車は、車高制限などに、ご注意ください。